item11
item11

早稲田大学バレーボール部 創部 昭和6年(1931年)

item11
item11
item11  部の紹介  高校生の皆さんへ>男子 >女子 item11
item11

item1h3a1c1b2a3a1b3b1a3a3a1a3 私たちはこうして早稲田に入学しました 〜早稲田大学バレーボール部受験合格記〜

文化構想学部・3年  森 昌美(もり よしみ)アナリスト

神奈川県立大和高等学校出身

 

Q1.早稲田入学を目指した理由は?

A. 学びたいことがまとめきれない状況の中、自分の行ける一番いい大学を目指そうと考え、早稲田に出願しました。

Q2.今の学部を選んだ理由、受験生時代の勉強方法は?

A. 試験に自由英作文がなかったのが一番の理由でした。 勉強方法としては、センター試験対策を徹底し、一般試験で受ける大学を最大限減らしました。文化構想学部の試験は難問が少ないため、基礎や細かい分野の暗記を徹底しておけば特別過去問をやり込まなくても点が取れると思います。

Q3.バレー部入部を決めた理由は?

A. 何か1つのことに集中して本気で打ち込んでみたかったから。

 

Q4.入部してよかったことは?

A. 高いレベルの競技と関わっていることはもちろんですが、伝統あるバレーボール部を通してたくさんの方々と会い、たくさんの経験を積めることが一番の魅力です。私はアナリストをしていますが、ただデータを出すだけでなく、本当に色々な経験をさせてもらっていると思います!

 

Q5.バレー部に限らず早稲田の魅力は?

A. みんなお祭り大好き!新歓や学祭、早慶戦は本当に盛り上がります!

 

Q6.卒業後に目指す進路は?

A. まだ結論に至っていませんが、部活で学んだことや今アナリストとしてやっていることが活かせる職に就けたらいいなと思っています。

 

Q7.受験生、高校生にメッセージ!

A. 早稲田大学も、女子バレーボール部もとても素敵なところです! 上井草体育館でお待ちしています!頑張ってください!!

 

 

スポーツ科学部・2年  利根川 智緩(とねがわ ちひろ)セッター

星野高等学校出身

 

Q1.早稲田入学を目指した理由は?

A. 高校1年生の時にいくつかの大学のガイダンス講演を聞く機会があり、他大学は淡々と自分の大学の説明をしている中、早稲田だけは校歌を流し始めるという…とても異彩を放っていました。しかし、ただ単純に大学の説明を行わず、校歌それ自体に「早稲田」を見出してほしいと言わんばかりのその講演に私は感銘を受けました。同時に、このような講演が出来るのは、自身の大学に誇りを持っているからだろうと考え、私も自分の大学に誇りを持って大学生活を送りたいと思ったのが早稲田入学を目指したきっかけです。

 

Q2.今の学部を選んだ理由、受験生時代の勉強方法は?

A. 今の学部に入ろうと思った理由は、単純に、私が将来携わりたい事がこの学部でなら学べると強く思ったからです。そこに入るべく、とにかく過去問研究に時間を費やしました。私の通うスポーツ科学部は入試科目の一つに小論文があります。他の2科目が合格ラインを上回っていても小論文の点数がラインに達していなければ合格にはならないので、日頃からスポーツに関する時事問題の記事を読んだり、それについての自分の考えを紙に書いたりして小論文対策をしていました。

 

Q3.バレー部入部を決めた理由は?

A. 高校生の時に1度練習にお邪魔したことがあり、数時間大学の先輩方と一緒にバレーをしました。練習を通して、高校とは違う自主的で活気的な雰囲気とバレーをしている先輩方のかっこよさに一目惚れし、入部したいと思うようになりました。

 

Q4.入部してよかったことは?

A. 自分の大好きなバレーを凄い選手と同じコートで出来ることです。また、その人たちと同じ目標を持って練習に取り組んでいけることをとても幸せに感じています。

 

Q5.バレー部に限らず早稲田の魅力は?

A. 私が思う早稲田の魅力は、お祭り好きなところです。学園祭だけではなく、例えば早慶戦では学部や部活の枠を超えて、早稲田の勝利に歓喜し盛り上がります。

 

Q6.卒業後に目指す進路は?

A. 私は卒業後は、バレーボール関係の企業に就職したいと思います。

 

Q7.高校生にメッセージ!

A. 私自身、強豪校出身ではなく、加えて浪人であったこともあり最初は入部できないかもしれないと不安でしたが、そんな私でも温かく迎えてくださいました。少しでも興味がある方がいらっしゃれば是非練習に足を運んでみてください。

 

 

政治経済学部・2年  高木 万莉子(たかき まりこ)アナリスト

東洋英和女学院高等学校出身

 

Q1.早稲田入学を目指した理由は?

A. 学生の多様性に惹かれたから

 

Q2.今の学部を選んだ理由、受験生時代の勉強方法は?

A. 私立文系のトップだったから ひたすら音読し、書いて覚える。 量より質を大事にして勉強する。

 

Q3.バレー部入部を決めた理由は?

A. 父親の影響で小さい頃からバレーを観ていたから

 

Q4.入部してよかったことは?

A. 友達よりも濃い関係の同期に出会えたこと

 

Q5.バレー部に限らず早稲田の魅力は?

A. 様々な経歴で、多種多様な人がいるところ

 

Q6.卒業後に目指す進路は?

A. 国際関係

 

Q7.高校生にメッセージ!

A. 辛いことはあると思いますが、自分の目標を見据えて頑張ってください! 興味がありましたら、是非女子バレー部に見学にいらしてください!

 

 

◯自己推薦入試

 

スポーツ科学部・4年 中川 知香(なかがわ ちか)サイドアタッカー

川崎市立橘高等学校出身

 

Q1.早稲田入学を目指した理由は?

A. 部活も学業もレベルの高いところで挑戦したかったからです。

 

Q2.今の学部、入試方法を選んだ理由は?

A. スポーツを色んな視点で学びたかったからスポーツ科学部を選びました。その中でスポーツ自己推薦入試を選んだ理由は、高校での競技成績を生かせる入試方法だったからです。

 

Q3.勉強方法、部活との両立方法は?

A. 通学時間が長いため、通学時間中にレポートや勉強をします。

 

Q4.入部してよかったことは?

A. バレーボールを好きになれたことです。また、尊敬できる先輩に出会えて活動できたことです。

 

Q5.バレー部に限らず、早稲田の魅力は?

A. とにかく何でもレベルが高いということです。常に上がいる環境は、私にとっては魅力的です。

 

Q6.卒業後に目指す進路は?

A. 働きながらバレーボールを続けます!

 

Q7.高校生にメッセージ!

A. 最近入学したばかりだと思ってましたが、もう最高学年になってしまいました(笑) 大学生活はとにかくあっという間なので、挑戦したいことがあったらとにかく早くチャレンジしてみるべきだと思います!高校でやり残したことがある人、新たに挑戦したいものがある人、ぜひ、早稲田大学女子バレーボール部へ!

 

 

◯指定校推薦入試

 

商学部・2年  飯田 友美(いいだ ともみ)リベロ

長野県諏訪清陵高等学校出身

 

Q1.早稲田入学を目指した理由は?

A. 私学に入学するなら、勉学やスポーツ等、何事にもトップの『早稲田大学』と決めていたから。

 

Q2.今の学部・入試方法を選んだ理由は?

A. 高校時代の成績で指定校推薦を頂けることとなり、社会学全般というよりは金融や会計など、より社会に近い分野を学びたいと考えていたから。

 

Q3.入部を決めた理由は?

A. 4年間を実のあるものにしたいという気持ちから、よりレベルの高い体育会系の部活に入部しようと思ったから。

 

Q4.入部してよかったことは?

A. 地方出身の無名な自分でも、全国に名を轟かせている選手と一緒にプレーできること。また、かけがえのない仲間に出会えること。

 

Q5.バレー部に限らず早稲田の魅力は?

A. 人種のるつぼのような場所で、様々な人に出会え、刺激をもらえるところ。

 

Q6.卒業後に目指す進路は?

A. 金融関係、商社

 

Q7.高校生にメッセージ!

A. 人としての成長を日々感じられる素敵な学校です。一緒に早稲田で最高のキャンパスライフを送りましょう!お待ちしております。

 

 

◯スポーツ推薦入試

 

スポーツ科学部・3年  森 佳央理(もり かおり)センター

群馬県立高崎女子校等学校出身

 

Q1.早稲田入学を目指した理由は?

A. 高校時代に練習試合をさせて頂いたことがあり早稲田大学の学生自主のチー ムカラーに惹かれたことと、さまざまな分野において高い意識を持った人たちと過ごすことで自分自身も成長出来ると思ったからです。

 

Q2.今の学部を選んだ理由は?

A. 当時の女子バレーボール部の監督からスポーツ推薦のお話をいただき、将来どのような道に進みたいか考えた時にスポーツを専門的に学びどのような形であれバレーボールに携わって行きたいと思い、スポーツ科学部を選びました。

Q3.入部してよかったことは?

A. 私達は学生自主で練習を行っていて、課題を見つけ、克服する為にはどんな練習をしたらいいかを全員で考えています。意見を周りに伝えたり、また意見を聞いたりすることで技術面はもちろんですが人としても成長できる環境でプレーができます。

 

Q4.バレー部に限らず、早稲田の魅力は?

A. いろんな考えを持った人がたくさんいます!わたしはスポーツ科学部なのですが、周りにはオリンピック選手もいて競技に対する考え方や意識の高さに刺激を受ける毎日です。恵まれた環境にいると実感します。

 

Q5.卒業後に考えている進路は?

A. 明確に決まっていませんが、どんな形でもスポーツに携わって行きたいと思っています。

 

Q6.高校生にメッセージ!

A. 早稲田に入学してよかったと思えるような素敵な仲間との出会いがたくさんあります。かけがえのない4年間をわたしたちと一緒に過ごしましょう!お待ちしています!

 

 

スポーツ科学部・2年 富澤 結花(とみざわ ゆか)サイドアタッカー

東京都文京学院高等学校出身

 

Q1.早稲田入学を目指した理由は?

A. 卒業後のことを考えて文武両道どちらも頑張りたいと思ったからです 。

 

Q2.今の学部を選んだ理由は?

A. 専門分野として学ぶなら1番興味のあるスポーツ科学部かなと思いました。

 

Q3.入部してよかったことは?

A. まずはバレーを続けられていること、そして先輩がすっごく優しい。

 

Q4.バレー部に限らず、早稲田の魅力は?

A. トップレベルのスポーツ選手が身近にいること、めちゃくちゃ頭いい人がいっぱいいること。

 

Q5.卒業後に考えている進路は?

A. まだ何も考えていません。

 

Q6.高校生にメッセージ!

A. 私はQ1で答えたように、将来のことを考えて早稲田大学に決めました!大学でもまだまだ自分の可能性を広げられるチャンスがいっぱいあると思うので、何かに絞るだけじゃなくいろんなことに挑戦できるところがいいと思います!

トップへ リンク 女子部 女子部 item6a2a 稲門バレーボール 男子部 女子部 男子部 item5